ブランクが長い看護師さんの再就職方法ナビ

ブランクが長い看護師さんの再就職方法

看護師免許を取得して、総合病院で研修を受けていましたが短期間で寿退社して、その後また他の医療機関で数か月勤務しましたが、引っ越しを機に退職、その後、出産、子育てで現在休業中で、退職してから10年以上もの長いブランクがあります。

子育てが落ち着いてきたので、そろそろ看護師の仕事に復帰したいと思いますが・・・。

ブランクが長い看護師で再就職を目指す人は多いですが、10年以上もの長いブランクだと、医療や看護ケアの技術や専門的な知識など、かなり進歩していることもあり、今後はさらに研鑽を重ねていくことが必須となります。

 

地域の看護協会や医療機関では、ブランクの長い看護師を全面支援して復帰するためのサポートに積極的に取り組んでいる機関もありますので、積極的に参加することです。
長いブランクがある看護師の場合、医療機関への復職が難しいと判断される場合は、老人ホームや老人保健施設、デイサービスセンターなどの高齢者向けの介護施設での看護師の仕事のほうが適しているかもしれません。

 

医療機関での看護ケアの要素はもちろん、高齢者の健康管理や衛生管理に従事するのがおもな仕事となります。

 

それでも、総合病院などの大規模な医療機関への復職を検討しているのであれば、長いブランクのある看護師の転職支援に取り組んでいる病院に転職することを希望する旨、看護協会や看護師転職サイトの専任コンサルタントなどに伝えておくと良いでしょう。
10年以上もの長いブランクがありながら、何が自分にできるのかを考え、自分の適性に見合う医療機関や介護施設の求人を探すことです。